Now Loading...

人生タクシー
アッバス・キアロスタミ監督の愛弟子にして、『白い風船』で1995年カンヌ国際映画祭カメラ・ドール、『チャドルと生きる』で2000年ヴェネチア国際映画祭金獅子賞、『オフサイド・ガールズ』で2006年ベルリン国際映画祭銀熊賞(審査員特別賞)を立て続けに受賞し、世界三大映画祭を制覇したイランの名匠ジャファル・パナヒ監督による待望の最新作『人生タクシー』が、遂に日本公開決定!

政府への反体制的な活動を理由に、2010年より“20年間の映画監督禁止令”を受けながらも、『これは映画ではない』では自宅で撮影した映像をUSBファイルに収め、お菓子の箱に隠して、国外へ持ち出し、2011年カンヌ国際映画祭キャロッス・ドールを見事に受賞!

そして、本作では監督自身がタクシー運転手に扮して、厳しい情報統制下にあるテヘランの街に暮らす乗客達の人生模様を描き出し、2015年ベルリン国際映画祭で審査員長のダーレン・アロノフスキー監督から、「この作品は映画へのラブレターだ」と称賛され、金熊賞及び国際映画批評家連盟賞をダブルで受賞した他、数々の映画祭でも大絶賛!

決して諦めない勇気と軽やかに笑い飛ばすユーモアに満ち溢れた、映画史に残る、心揺さぶる新たな傑作がここに誕生した!
タクシーがテヘランの活気に満ちた色鮮やかな街並みを走り抜ける。運転手は他でもないジャファル・パナヒ監督自身。ダッシュボードに置かれたカメラを通して、死刑制度について議論する路上強盗と教師、一儲けを企む海賊版レンタルビデオ業者、交通事故に遭った夫と泣き叫ぶ妻、映画の題材に悩む監督志望の大学生、金魚鉢を手に急ぐ二人の老婆、国内で上映可能な映画を撮影する小学生の姪、強盗に襲われた裕福な幼なじみ、政府から停職処分を受けた弁護士など、個性豊かな乗客達が繰り広げる悲喜こもごもの人生、そして知られざるイラン社会の核心が見えてくる。
1960年、イラン・ミアネ生まれ。多数の受賞歴を持つ、映画監督・脚本家・プロデューサー。
イラン放送大学を卒業後、数本のドキュメンタリーと短編を手掛け、アッバス・キアロスタミ監督の助監督を経て、『白い風船』(1995年)で長編監督デビューし、カンヌ国際映画祭カメラ・ドール受賞。『チャドルと生きる』(2000年)でヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞、『オフサイド・ガールズ』(2006年)でベルリン国際映画祭銀熊賞(審査員特別賞)受賞など、世界三大映画祭を制覇。その他の作品に、『鏡』(1997年)、『クリムゾン・ゴールド』(2003年)、『これは映画ではない』(2011年)、『閉ざされたカーテン』(2013年)など。作品はイラン社会の実像を描いている事で知られ、国内では上映を禁止されているが、正確には『白い風船』のみ上映許可を得ている。2回逮捕され、2回目は86日間拘留されたものの、世界中の映画祭や著名なアーティスト及び映画作家達の尽力、そして自身のハンストによって、政府に圧力が掛かり、保釈に至る。裁判所の最終判決によると、映画製作・脚本執筆・海外旅行・インタビューを20年間禁じられ、違反すれば、6年間の懲役を科される可能性があり、それが最近の3作品を許可なく製作した理由である。また、思想の自由のためのサハロフ賞及び自由のための芸術メダル含む、多数の人権関連の賞を受賞している。
1995年
『白い風船』 カンヌ国際映画祭カメラ・ドール受賞
1997年
『鏡』 ロカルノ国際映画祭金豹賞受賞
2000年
『チャドルと生きる』ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞
2003年
『クリムゾン・ゴールド』カンヌ国際映画祭審査員賞(ある視点部門)受賞
2006年
『 オフサイド・ガールズ』ベルリン国際映画祭銀熊賞(審査員特別賞)受賞
2011年
『これは映画ではない』カンヌ国際映画祭キャロッス・ドール受賞
2013年
『閉ざされたカーテン』ベルリン国際映画祭銀熊賞(脚本賞)受賞
2015年
『人生タクシー』 ベルリン国際映画祭金熊賞受賞
「この作品は映画へのラブレターだ」
ーーダーレン・アロノフスキー監督
『ブラック・スワン』
ホームメイドのレジスタンス作品だ。 ベルリン国際映画祭でも満場一致の高揚の中で圧倒的なエネルギーを放っていた。
ーーCahiers du Cinéma
映画製作を禁じられたパナヒが、その制約を逞しく回避し、美しい程に人情ある寓話を作った。
ーーThe Guardian
何て興奮する映画だ。
ーーPositif
コミカルとシリアスとショッキングが織り成す見事な一作。
ーーMadame Figaro
チャーミングで可笑しく、演出はアクロバット的に巧妙である。
ーーVice
予想外に温かく、引き込まれ、驚かされた。
ーーThe Hollywood Reporter
愉快で野性的。とんでもないけど魅力的。驚異的な程に優れた技巧に満ちた一作。
ーーL’Obs
これこそが最先端の映画のあるべき姿なのではないだろうか。
ーーThe Huffington Post
偉大で、美しく、力強い映画だ。
ーーParis Match
映画製作を禁じられたイラン人監督が、テヘランの街に出て、人生と芸術の交わりに滑稽に、そして深く思いを馳せる。
ーーVariety
パナヒがまたやった。嬉しい。映画を撮ることを禁じられた監督の最新作。最後にはしっかり体制批判。大好きだ。
森達也
映画監督
傑作だけど、問題作!現在のイランがそのまま描かれている。国内では上映は不可能。イラン国民の『本音』がここにはある!
サヘル・ローズ
タレント・女優
言論統制を逆手に取り、今のテヘランの実態と日常生活をリアルに、しかもユーモラスに見せるこの淡々とした作品にぐいぐい引き込まれて行きます。
ピーター・バラカン
ブロードキャスター
「本当の事を撮るのが映画、なのに本当の事を撮ると上映出来なくなっちゃうの!」少女も金魚のおばちゃんもイキイキしていいなあ!あっぱれ撮影禁止中のパナヒ監督!映画ファン必見の傑作。
加藤登紀子
歌手
イラン政府もびっくり。ユーモアは権力を嗤いとばす。笑顔あふれる監督のしなやかでゆとりある精神に学びたい。
有田芳生
参議院議員
ジャファル・パナヒは、ドライブする。映画を人生を存分に巻き込んで、自由に強くドライブする。助手席ではなく、運転席で映画のハンドルを握って。
藤代冥砂
写真家・小説家
凄く自由だと感じました。色んな人生、考え、情報たっぷりのタクシーでした。創作意欲湧く作品です。
木村祐一
芸人・俳優
生活のささやかな一瞬を切り取っただけに見えるのに、人生のすべてがそこにある。心にぐさりと刺さる。こんな映画観たことなかった。
佐々木俊尚
作家・ジャーナリスト
人生はなんておもしろいんだろう!逆風に吹かれても体制をユーモラスに皮肉り続けるパナヒ監督からの、最高の贈り物
ろくでなし子
女性器アーティスト
「こんなにシンプルでいいのだ」と、勇気づけられると同時に覚悟を問われる映画。そして不自由だからこそ自由な作品。こういうの、好き。
松江哲明
ドキュメンタリー監督
ユーモアと良心と知性に溢れていて素晴らしい。※twitterより
いとうせいこう
作家・クリエイター
順不同・敬称略